職員の配置について|介護付有料老人ホームの入居の流れや用意しておくべきもの

介護付有料老人ホームを選ぶならしっかりと決まりを守っている施設を選ぶ

職員の配置について

介護

介護付有料老人ホームの職員

介護付有料老人ホームでは、この職員を配置しなくてはならないという決まりがあります。また、職員の数も決まっており、入居者の介護を行うことができる人数はもちろん、夜間の対応ができる人数、緊急時に対応ができる人数を配置しなくてはならないという決まりがあります。

経験や知識が豊富な管理者

施設を経営するには、しっかりと介護の経験や知識のある方を管理者として配置しなくてはなりません。また、生活の相談をすることのできる職員も必要です。こういった職員がいると安心して入居することができますね。

栄養士や調理員

介護付有料老人ホームでは、入居者に毎日食事を提供するので、献立を考えたり健康に良い食材を選ぶ栄養士が必要です。また、栄養士の考えた献立を基に食事を作ることのできる調理師も必要です。ですので、介護サービスだけでなく食事面でも安心することができます。

まとめ

介護付有料老人ホームでは、このように「管理者」「生活相談員」「栄養士・調理師」「介護スタッフ」「リハビリ指導スタッフ」を配置しなくてはなりません。広島で介護付有料老人ホームをお探しの方はこういった決まりをきちんと守っている老人ホームを選ぶようにしましょう。

広告募集中