2つの老人ホームの違い|介護付有料老人ホームの入居の流れや用意しておくべきもの

介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いについて

2つの老人ホームの違い

食事

老人ホームの種類

広島県にはたくさんの老人ホームがありますが、その中に介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームという種類の老人ホームがあります。介護付有料老人ホームは、一般的な介護を受けることのできる老人ホームです。一方で、住宅型有料老人ホームは普段の生活と同じように自分で身の回りのことをしたりと、自宅のような生活を送ることのできる老人ホームです。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは、県から特定施設入居者生活介護という指定を受けています。介護が必要な方が入居する施設で、スタッフの方が食事の世話や入浴など、日常生活のお世話をしてくれます。また、24時間体制で常に介護サービスを行うスタッフがいる施設です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護付有料老人ホームのような介護サービスはついておりません。しかし、生活に必要な食事の提供を行ったりと、生活の支援を行ってくれる施設です。訪問介護などの外部サービスを利用することもできる施設もあります。

入居期間について

介護付有料老人ホームは、介護状態が重い方でも住むことができます。しっかりとプロのスタッフが介護サービスを行ってくれるので安心して生活をすることができます。長期間入院しなければならない方などの対応も行ってくれる施設もあったり、医療機関と提携してサービスを提供してくれる施設もあるので、そういった施設を選ぶことをおすすめします。

老人ホームを選ぶ

老人ホームを選ぶ際は、住む方の健康状態や介護状況で選ぶことも大切ですが、ストレスの少ない住みやすい環境の場所を選ぶことが大切です。見学や体験入居を行うことのできる施設もあるので、きちんとご家族で話し合ってから入居を決めるようにしましょう。

広告募集中